読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こども図工室FUNFUN

こども図工室FUNFUNのニュース&ブログです。 http://ateliernk.wix.com/funfun

2/21「英語絵本と手づくり工作の親子サロン」のご案内

英語絵本と工作の親子サロン

こんにちは。さいたま市 見沼区 東大宮 の こども 造形 絵画教室 、FUNFUN です。

ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

英語教室ラボ・パーティさんと一緒に毎月楽しく開催させて頂いています、

英語絵本とてづくり工作の親子サロン」2月のご案内をアップしそびれておりました。既にお申し込みが埋まりつつあるので、ご興味のある方、お早めにお問い合せください(^^)

 

★日時:2/21(火)10:30〜12:00


★対象:3歳までの親子

★定員:先着5組


★参加費:¥1,000

f:id:atelierfunfun:20170215170406j:plain

★プログラムは
英語の手あそびうたから始まって、工作と読み聞かせで絵本「てぶくろ」のおはなしを楽しみます。

 

毎回、開催前にラボパーティの久保テューターと打ち合わせをしています。

(ラボパーティでは先生ではなくテューターと呼ぶそうです)

私は、子どもの頃から絵本が大好きで、今回の「てぶくろ」も愛着のある絵本なのですが、実は自分がこの絵本のどこに惹かれたのか、無自覚というか、覚えていませんでした。ですが、久保テューターと打ち合わせさせて頂く中で、子どもたちが(子どもの頃の自分が)、この絵本のどこに魅せられるのか、あらためて認識させられました。

その魅力は、当日のお楽しみ!!

今回も、読み聞かせと工作で、子どもたちと、お話の世界を120%楽しめる、楽しいサロンにしたいと思っています(^^)


最後は恒例のお菓子つきの交流ティータイム、

さらに今回は、ご希望のママには特別に、アロマハンドマッサージ(なんと¥100で!!)もありますよ!

★場所は
JR東大宮東口から徒歩10分ほどの
鳥海建工(株)さんの「すまいのショールームになります。

(さいたま市見沼区東大宮7-49-6/駐車場あり)

壁紙もすてきなお洒落なリビングダイニングのショールームをお借りして開催します!
(リフォームや新築を考えていない方にも、気になるアイテムがたくさんの、素敵なインテリアのショールームです☆)


★ご予約・お問い合わせは チラシの中のご連絡先か、下記
FUNFUNのサイトのフォームからもお申込み頂けます。(申込みはなるべく三日前までにお願い致します)↓
http://ateliernk.wixsite.com/funfun/blank-cfvg

今月は予定が合わない〜という方も、3/21のお申し込みも受け付けておりますので、どうぞお問い合わせください!お待ちしております!


これからも、こども図工室FUNFUNをよろしくお願い致します。

 

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

2月のアトリエレポートPART2「空き箱工作」

おうちアトリエレポート

こんにちは。さいたま市見沼区 東大宮 の 造形 絵画教室「こども図工室FUNFUN」です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

先日は、一年生の男の子が体験教室に来てくれました。

 

初めての場所なので、少し緊張もあったかと思うのですが、にこにこ笑顔のHくん。

部屋中に並べた空き箱や、牛乳パックや、ロールの芯、色紙などなどの材料を見て、

しばらく悩んでいましたが、トイレットペーパーの芯に折り紙をくるりと巻き付けたりし始め・・

f:id:atelierfunfun:20170214133216j:plain

テープか糊で貼りつけるのかな、と思ったら、はみ出た部分を芯の内側に折り返して止めつけていました。アイディアですね。

 

今度は片面段ボールに興味を持ち、ティッシュの箱の内側から飛び出させてみたり・・

f:id:atelierfunfun:20170214133508j:plain

 

今度はまた別の空き箱のふたを土台にして、その上にいろいろ設置してみたり、筒に紐を通してみたり、毛糸をぴんと張ってみたりしました。

f:id:atelierfunfun:20170214133142j:plain

 

次は、アイディアの参考になればといくつか用意していた空き箱工作の本をしげしげと眺め、ダンプカーを作ってみました。
f:id:atelierfunfun:20170214110306j:image

 

f:id:atelierfunfun:20170214133455j:plain

Hくんはハサミで切るのもテープで貼るのもすごく早いです。

ジョキジョキ切って、パッパッと貼ります。

ていねいではありません(笑)。でも、勢いがあります。

そういうのを見てるのは実に気持ちがいいです。

私は仕上がりを気にしてチマチマやる派です。そしてあまり器用でないのでスムーズじゃありません。大人だから?性格かな?どうでしょう。

実はうちの息子も勢い派です。Hくんも、仕上がり(評価)を気にしていない分、「今、こうしたい」という思いと「切る・貼る」という動作が同時進行できるのです。

そんな勢いを、いいなあ〜と思ったのが、この図工室を始めたキッカケの一つでもありました。

もちろん、ていねいに作っている子を見ているのも気持ちがいいです。

ああ、今作っているものを、大事に思ってるんだなあと感じます。

ほんと、それぞれ、それぞれですね。

一方、我が家の三年生の息子はいつもながらパソコンを作っています。

この間作ったのはMacBook Airだったので、今日は東芝Windowsだそうです。

画面を貼るのに、両面テープをバツ印につけるという技をいつの間にか身に付けていました。
f:id:atelierfunfun:20170214111239j:image

 

もはや何台目か数えきれない、紙パソコンですf(^^;

f:id:atelierfunfun:20170214135422j:plain

 

さて、あれを作ってみたりこれを作ってみたり、色々実験のようにしていたHくんですが、ティッシュの箱に牛乳パックを差してみたら、なんとなく船を連想しました。

牛乳パックに差した割り箸がマストのよう。こうして、材料から連想できたらシメたものですね。

というわけで、今度は甲板になる小さな箱が欲しいとなりました。
f:id:atelierfunfun:20170214113128j:image

さらにストローで釣り人を作り・・

釣り人ならば魚をということで、色画用紙で作られたサメのようなイルカのような、かわいいお魚が釣られることになりました。

f:id:atelierfunfun:20170214135251j:plain

 

 白い画用紙に描いているこちらは、「ハコフグ」だそうです。

そんな名前のフグいるの?!と聞いたら、

横から息子が「さかなくんがかぶっている帽子はハコフグだよ」と。

子供たちの知識、あなどれないですね〜。

f:id:atelierfunfun:20170214134225j:plain

船の側面に、海をイメージしてブルーの折り紙を貼りつけ、ハコフグも貼りつけ、

甲板には釣った魚を入れておく入れ物や、網も乗りました。

f:id:atelierfunfun:20170214135827j:plain

 

f:id:atelierfunfun:20170214135928j:plain

船とダンプカーだけお持ち帰りすることにして、

その他の実験のような工作は「要らないから置いてくー」となりましたf(^^;

f:id:atelierfunfun:20170214132345j:plain

他のも面白かったんだけどね・・要らないのねf(^^;


この先、Hくんがどんなものを作ってくれるか、楽しみです(^^)。

 

これからも、こども図工室FUNFUNを、よろしくお願い致しますm(__)m

体験教室のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/blank-cfvg

 

 さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

2月のアトリエPART1「液体ねんど」!

おうちアトリエレポート

こんにちは。さいたま市見沼区 東大宮 の 造形 絵画教室、「こども図工室FUNFUN」です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

2月のアトリエのメニューは、空き箱工作としていたのですが、

今、かなり「ぐちゃぐちゃ〜」の「素材遊びが楽しい!」時期と思われる、

会員のH君には、久々に粘土もいいかな!と思い、「液体ねんど」というものを用意していました。

液体ねんど、実は私も初めての試みだったのですが、固める前の石膏みたいな感じです。それよりちょっと粘度があるかな。天ぷらの衣くらいな感じです。

布などで成型したものに、絵の具のように塗って行くと、そのままの形で固まります。

そこで、芯材にタオルや軍手、綿、梱包材などをいろいろ用意しておりました。

 

H君もはじめてなので、最初はどう始めたものか、ちょっと悩んでいましたが、

まずは果物の梱包材に、綿をつめたりして、それからマシュマロ型の梱包材を乗せて・・と徐々に始まりました。

f:id:atelierfunfun:20170212170600j:plain

 

f:id:atelierfunfun:20170212171124j:plain

でも、なかなか液体ねんどを思いっきり使い出さないので、土台を決めることを提案して、木箱や缶箱などを見せると、木箱を選びました。

 

さてこの小さな空間の中に、先ほどの梱包材などを配置して....

液体ねんどに絵の具を混ぜて、塗って、「これはケーキだよ。チョコレートケーキ」とだんだん盛り上がってきました(^^)

f:id:atelierfunfun:20170212171054j:plain

 

指をチョッキンした軍手が加わったり、指はとんがり屋根のようになったり、ドングリのカクトが加わったりして・・

H君は液体ねんどはボンドのようなものだと思って、接着剤感覚で使っていました。

だからふわふわのままの部分もあり、固まったらどんなふうになるか、楽しみですね。

f:id:atelierfunfun:20170212171257j:plain

今回甘いものをイメージしているH君は、いつものようにドロンコ色にはなりません。赤とピンクを混ぜて、ぐるぐるしていると、なんだかアイスクリームかジェラートみたい。

f:id:atelierfunfun:20170212171557j:plain

そのうち液体ねんどに混ぜずに、絵の具だけで液体ねんどと同じように直接チューブからぴゅ〜っと梱包材にかけてみたり。どんなやり方も実験です。

f:id:atelierfunfun:20170212171448j:plain

 

今度は、果物の梱包材を割り箸にぐるぐるっと巻いてつけて、赤い絵の具を垂らしたら、巨大りんご飴みたい?!

f:id:atelierfunfun:20170212171700j:plain

 

最後にまたまたマシュマロ状の梱包材が大量投入されて、よく分からないけど

駄菓子チックなキッチュなカラーの甘〜いデザートが出来上がりました。

これ、「食後のスイーツです!」って出されたら、スゴイナア〜〜(^^)!

f:id:atelierfunfun:20170212172015j:plain

 

バレンタインも近いということで、私からプラス、チョコのトッピングプレゼント?!

これ実は、先日「バルーンアート」の先生に教えて頂いてた、「風船で出来たチョコ」なのです!チョコレート色の風船で出来ています(x_x)

f:id:atelierfunfun:20170212173400j:plain

 

そんなこんなの2月最初のアトリエでした。

前回に引き続き、「今月のお題」にとどまらず、会員のお子さん一人一人に合わせた内容を模索中です。

 

これからも、こども図工室FUNFUNを、よろしくお願い致しますm(__)m

体験教室のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/blank-cfvg

 

 さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

1月のアトリエレポートPART3

おうちアトリエレポート

こんにちは。さいたま市見沼区 東大宮 の 造形 絵画教室、「こども図工室FUNFUN」です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

1月末週のアトリエに参加しに来てくれたのは、年長さんの女の子。

最初、持って来た画用紙に鉛筆で強く描くと、その線に沿って紙が切り取れる(薄い画用紙だったので)、というのを披露してくれて、ハートやクマを切り取ったりして遊んでから(Rちゃんはいつも、自分が今お気に入りのものなどを持って来て見せてくれます)、「墨でお絵描き」に挑戦してくれました。

 

スポイト、割りばし、スポンジ筆をながめてから、やっぱりスポイトが珍しかったようで、スポイトで墨をたらしはじめました。

そして垂らした墨を、画用紙を傾けてすい〜っと・・

f:id:atelierfunfun:20170201143403j:plain

それから、今度は、手を黒くしたくなったみたいで、

手にスポイトでポタポタと墨を垂らし始めました。

f:id:atelierfunfun:20170201143510j:plain

f:id:atelierfunfun:20170201143529j:plain

手のひらに、垂らして、指の間から墨がしたたっていく、それが冷たくて気持ちいいんだと言います。こうやって、指を開くんだよと、勧められたので私もやってみましたが、くすぐったいというか、なんというかf(^^;

新しい墨の触感との出会いです(^^)

 

f:id:atelierfunfun:20170201143813j:plain

で、墨の触感を充分に楽しんで、紙のあちこちにスポイトで墨をたらしたりした後は、

「手ー洗いたい」と言います。

だいたいみんな、満足すると「手ー洗いたい」って言います(^^)

 

結構短い時間で満足しちゃったので、Rちゃんは、今度は「前に作ったクレヨン、どっか行っちゃったの。だからまた作りたい」とリクエスト。

 

というわけで、時々リクエストにあがるマーブルクレヨンがこの日も始まりました。

f:id:atelierfunfun:20170131205651j:plain

銀を入れたい、金も入れてみる、緑も入れたい・・ 緑は、細かくしてみる。シリコンカップは、2つは普通に使って、2つはひっくり返して使ってみる。実験だ。・・そう、このクレヨン作りはどこか実験のような感じがするのかもしれません。

だから何度やっても楽しいのかも。

カッターでクレヨンを細かくするのも、すっかり上手になったRちゃん。

今回の出来上がりは、こんな感じ。

f:id:atelierfunfun:20170201144333j:plain

薄すぎて、ちょっと欠けちゃったりしましたが、薄いのでなんだかメダルのような、クッキーのような感じの形。 右下のものが、クレヨンを粉に近いくらい細かくして作ったものです。見た目も楽しいけど、どんなふうに描けるか楽しみですね。

 

さて、このクレヨンはオーブンで溶かして作るので、オーブンに入れている間に

今度はまた違うものにもトライしてもらいました。

f:id:atelierfunfun:20170201143348j:plain

じゃーん。羊毛です。Rちゃん、いつも色を扱うのがとっても楽しそうなので、これはどうかな〜って出してみせたら、さっそく楽しんでくれました(^^)。

ランチョンマット(いくつか出した中でRちゃんがこれを選びました)をキャンバスにして、上に羊毛を乗せて、専用のニードル針でざくざく刺すと、羊毛がランチョンマットの生地に絡んでくっついて行くのです。

私はふだん、刺繍作品として、鳥や花の柄を刺したりしているのですが、Rちゃんにはまず素材を楽しんでもらおうと思って、刺し方など細かいことも言わず、自由にざくざく刺してもらいました。

f:id:atelierfunfun:20170131205154j:plain

二色の羊毛を混ぜたり、ゆるい撚りの毛糸を一緒に刺したり。

Rちゃんは、「これは、絵じゃないよ。ん〜、作品。ん〜、何にしよう、玄関のマット?」なんて話していました、確かに、パイル生地と少し近い感じもしますよね。だから玄関マットって言うのも分かる(^^)。でももったいないから下に敷くのは止めた方がいいよ〜。

 

この日は結局最後まで出来ませんでしたが(布全部を埋め尽くしたいということだったので)、途中段階、こんな感じです。次回来た時、またどんな風になって行くのか、楽しみですね(^^)

f:id:atelierfunfun:20170201145921j:plain

 

ブログをいくつか読んで頂いている方はお気づきかと思いますが、FUNFUNは、会員さんもまだまだ少人数なので、日によってはマンツーマンのこともしばしばあります。

お友達の制作に刺激を受けたり、見せ合ったりということがなかなか出来ないのは残念なのですが、少人数なのでこうして、お子さん一人一人の希望や個性に合わせて、こちらが予定した内容以外のことにもどんどんチャレンジしてもらえるのは、いいかなと思っています。これからも個々のお子さんに合わせて、いろんな楽しい材料を用意して行きたいと思います。

 

これからも、こども図工室FUNFUNを、よろしくお願い致します。

 

体験教室のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/blank-cfvg

 

 さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

1月のアトリエ「墨で絵を描こう」レポートPart2

おうちアトリエレポート

こんにちは。さいたま市見沼区 東大宮 の 造形絵画教室、「こども図工室FUNFUN」です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

一年生男子の次の日は年中さんの男の子が参加しに来てくれました。

 

墨と画用紙を前にして、H君が最初に手に取ったのはスポイト。

スポイトで顔を描いていきます。

f:id:atelierfunfun:20170129181909j:plain

 

それから早速真っ黒になった手で手形、手形、手形!

f:id:atelierfunfun:20170129182010j:plain

 

お次はスポンジ筆の登場となりました。

f:id:atelierfunfun:20170129182140j:plain

 

墨はご存知のとおり、絵の具と違って水のようにサラサラしているのに、くっきりとした黒が出ます。スポンジは墨を存分に含んで、柔らかい感触でそのくっきりとした黒を紙に染み込ませていけるので、とても気持ちがいいんだと思います。絵の具のようなどろっとした抵抗感がありません。

「真っ黒の世界にしていくのだ~」と言って、手形も何もかも塗りつぶしにかかります。

どうも墨×スポンジ筆は塗りつぶし欲求を喚起するようです(*^-^*)

f:id:atelierfunfun:20170129182246j:plain

 

また字も書いてみたくもなるようで、これ(書いた字)なーんだ?とクイズを出されました。

墨は字を書くものというインプットが既にあるのか、それとも黒という色が字を書かせるのか、はたまた男の子は意外と字が好きなのか。画用紙を前に、絵ではなく字を書きだすのは案外珍しくない気もします。

 

画面の半分まで真っ黒に塗りつぶされました。「昼と夜だ~」

 せっかく描いた顔が惜しくなって、顔は塗りつぶさないでおいたら?と私とお母さんで勧めると、「じゃあこの人はお布団かぶって寝てる~夜だから~」と言って顔の下にお布団を塗りぬり...

f:id:atelierfunfun:20170129182405j:plain

 

さらに直接墨液をたらしたり、ウェットティッシュでトントンとしたり・・

その「トントン」のリズムがなにか「走る」を連想させたようで、「夜の中を走ってるんだ〜24時間テレビだ〜」なんて言いながら塗り続けました。絵もお話もどんどん変化して行きます。

どんどん塗りつぶされてしまうので、ほんとにこれは、最後の状態を見るより、絵を描いている時間そのものを私は鑑賞させてもらっている、という気持ちになります。ライブペインティングですね(^w^) 描きながら色んなストーリーがあふれだして来ます。

 

動画も少しだけ撮ったのでフェイスブックページとインスタにアップしてみました。

https://www.instagram.com/kodomo.funfun/

https://www.facebook.com/kodomofunfun/

 

顔以外が全て黒の世界、夜の世界になると、H君は今度は「この上にクレヨンで描きたい」と思いつきました。え、クレヨン?!描けるかな??と思いましたが、これが黒板のように意外と描けるのです!

何色ものクレヨンをいちどきに持って、「ガ~~カミナリだ~~!」すごいカミナリが夜の世界に降ってきました。

f:id:atelierfunfun:20170129182827j:plain

それから、カミナリで悪い子退治みたいなことを言うので、「ナマハゲみたいだね~」と言うと、「そうだよ、お正月に頭を噛んでもらうといいんだよ」と。あれ、そうだっけ...?いやいやそれは獅子舞じゃないかな...

 

仕上がりはこんな感じに

f:id:atelierfunfun:20170129184200j:plain

 

クレヨンをたくさん使ったら今度は絵の具も使いたくなりました。出していなかった画材もリクエストしてくれるなんて、H君ずいぶん積極的になったなあと思います。

来始めたばかりの頃は、並んでいる材料を立って見に行くことも、なかなかしなかったものです。絵の具の味をしめたんですね(^^)

 

パレットにどんどん色んな色を重ねて、「あの色をつくるぞ~」。お母さんは「ええ~あの色~」と言いますが、H君は嬉しそうに「どろんこ色をつくるぞ~」。ありったけの色を混ぜたらどろんこ色になることをすっかり会得しています。そしてそれが楽しいのです。

f:id:atelierfunfun:20170129183122j:plain

うちの三年生の息子はいつのまにかそうではなくなってしまいました。小さな頃は油絵の具でもぐちゃぐちゃ混ぜていたのに、今は絵の具を面倒臭がります。女の子も、どろんこ色を嫌がるのは早いかもしれません。翻って、私は?...私は、色の効果をいつもうまく出したいと思っています... 

H君は、視覚よりも触覚を、そして混ぜることそのものを、存分に楽しめているのだと思います。

墨とは正反対に、こちらの絵の具はかなり水少なめで、水彩なのにまるでアクリル絵の具のようなタッチ。

f:id:atelierfunfun:20170129183533j:plain

 

仕上がりはこんな感じに また字も見え隠れしてますね。

f:id:atelierfunfun:20170129194146j:plain

 

さて、墨や絵の具の合間に福笑いも楽しみました。

こちらはHくん 鼻がふたつ、口がふたつ?!

f:id:atelierfunfun:20170129183914j:plain

こちらはうちの子 口が目と眉になっちゃった?!鼻は??

f:id:atelierfunfun:20170129183940j:plain

 

そんなこんなの回でした(^^)。

これからも、こども図工室FUNFUNを、よろしくお願い致します。

 

体験教室のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/blank-cfvg

 

 

さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

 

1月のアトリエ「墨で絵を描こう」レポートPART1

おうちアトリエレポート

こんにちは。さいたま市見沼区 東大宮 の 造形絵画教室「こども図工室FUNFUN」です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

1月のおうちアトリエ、先日は1年生の男の子二人が参加してくれました。

 

墨と画用紙とスポンジ筆(割りばしの先にスポンジをつけたもの)を用意して、

まずは自由に描いてもらおう・・と思っていたのですが、

O君は「墨なら筆ペンがいい」

S君は「オレは福笑いつくる」

(今日はとにかく福笑いだと思って来てくれてました)

・・という、それぞれの「今日は○○○○」という思いからスタート。。

 

O君の言う「筆ペン」とは実は「毛筆」のことを言っていたのですが、

すぐには私は分からなかったのでf(^^;、「とりあえずこの割りばしで描いてみる?」と

促して割りばし1本を渡してみました。(最後に少しだけ毛筆も出したのですが)

「割りばしでも書ける!」と言ってO君は字を書き始めました。

そうか、字が書きたかったんですね。

でも、すぐに今度は「目をつぶって描いてみる」と言って無意識の線をいっぱい描き始めました。

f:id:atelierfunfun:20170128154212j:plain

さらに今度はスポンジ筆を使い始め、そのなめらかさが気持ちよかったようで、どんどん塗りつぶして行きました・・・

f:id:atelierfunfun:20170128154306j:plain

 

一方、S君は、「福笑いをつくる」ので、画用紙を小さい丸に切って、というリクエストになり、適当に切った画用紙を渡して行くと、

某テレビ局のマークのような「目」を描き始めました。

f:id:atelierfunfun:20170128154407j:plain

 

O君の方は、途中、ストローで「ふ〜っ」と墨を広げたりしながら、とにかくとにかく、塗りつぶしたくなって、最初に書いた字もなにもかも、気持ちよく塗りつぶして行きました。

f:id:atelierfunfun:20170128154619j:plain

墨の水たまりのようになった紙の上に、さらにスポイトで墨をたらしてみたり・・

スポイトで吸って出した墨は泡のようになり、それに大はしゃぎ!

f:id:atelierfunfun:20170128154740j:plain

 

S君の方は、八つ切画用紙に四角い顔を描いて、それから鼻と口をつくり・・

f:id:atelierfunfun:20170128154906j:plain

 

それを見たO君は、「オレも顔にする」と言ってどうも口(歯?)らしきものを描き始めました。

f:id:atelierfunfun:20170128155106j:plain

 

O君は手が真っ黒になっても、周りに墨が飛び散っても、気にしませんが、

S君はそんなO君の様子にちょっとだけ気が引けているような様子(&うちの子も)。

「そんな真っ黒で、なんで顔になるんだよー」と突っ込んでみたりしています。

「真っ黒のうえに、これを置くんだよ!」とO君はどんどん進めます。

と言いつつ、真っ黒の紙の上に置いた白い紙も、またどんどん塗りつぶしてしまい、

「この中に、どこに紙が隠れてるか探す、ゲームだよ!」と言います。

f:id:atelierfunfun:20170128155326j:plain

 

S君は、そんな様子と自分との違いを、(推測ですが)多分漠然と感じながらも、でもその勢いには乗らず、あくまで自分が作るつもりだった福笑い「妖怪みつまたのづち」を完成させています。

f:id:atelierfunfun:20170128155519j:plain

 

O君は、最後はスポイトの墨がどこまで飛ばせるか、ピシュッ!と出して遊んでいました(^^)

f:id:atelierfunfun:20170128155635j:plain

 

・・・それぞれが、それぞれのペース。

 

で、それぞれ、気が済んだら・・

 

S君は自分が作った福笑いで、O君は私が作った福笑いでひと遊び。

目隠ししたら、こんな仕上がりになりましたよ(^^)

f:id:atelierfunfun:20170128160535j:plain

f:id:atelierfunfun:20170128160410j:plain

 

最後は...アトリエの中2階をひみつ基地化して、うちの子と3人でおやつ持ち込んで楽しそうにしておりましたf(^_^;  私は、「パスワードを解かないと、(基地には)入れてあげない」と言われましたf(^_^;  でも、パスワードを相談している声が丸聞こえなところが、また可愛いんですけどね(^^)

f:id:atelierfunfun:20170128160606j:plain

 

実は、このスペースをちゃんと片付けて、「基地化計画」イベントを今度やろうかな・・と思っていたのですが、私が漠然と思っているうちにあっという間に出来てました。しかも、あっという間にできたのは、片付いていなかったのがポイントなのかなと・・f(^^;

子どもは常に大人が頭で考えたことを超えてきますね。

イベントについては、もう少しよく考えます。

 

体験教室のお申し込み、お問い合わせはこちらから受け付けております。↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/blank-cfvg

 

これからも、こども図工室FUNFUNをよろしくお願い致しますm(._.)m。

 

さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

1月の「英語絵本とてづくり工作の親子サロン」開催報告

英語絵本と工作の親子サロン

こんにちは。さいたま市見沼区 東大宮 の 造形 絵画教室、「こども図工室FUNFUN」です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

昨日は、ラボパーティさんと共催の、今年最初の「英語絵本とてづくり工作の親子サロン」でした。

11月のコラボ企画第1回からいらしてくれている親子2組と、新しくご参加くださった2組、合計4組の親子で賑やかに始まりました。3歳くんが3人と、1歳ちゃんと0歳ちゃん。

 

まずはおなじみの英語の手遊び唄から始まって、今回は新しくバスのお唄もやって盛り上がりました(^^) 楽しいメロディで、他のおもちゃに気を取られていた子どもたちも、ここですっかりノリノリになってくれます。

 

そして今回の絵本は、かみなりこぞうの「へそもち」のお話。

私も初めての絵本だったのですが、空の上のかみなり小僧と、それに困らせられる地上の村人たちを、縦長の画面でダイナミックに表現した絵本で、少し長いお話なのですが、子どもたちはすっかり聞き入っていました。その集中力にビックリ。

かみなりがゴロゴロとやってくるシーンでは、以前作った楽器を持って来てもらったりお貸ししたりして、みんなで「ドンドンドンドンドン・・!」とにぎやかに、太鼓を叩いたり、マラカスを鳴らしたりしてもらいました(^^)

f:id:atelierfunfun:20170125110744j:plain

かみなり小僧はやってくるたび、村人や牛のおへそを取って行ってしまい、おへそを取られた者たちはみんな元気がなくなってしまいます。

そこで和尚さんが五重塔に槍を立ててかみなり小僧を捕まえて、「へそを返せ!」と言うのですが、かみなり小僧曰く「へそを食べないと雨を降らせられないんだ」。

 

村人たちは知恵を絞り、みんなで餅をついて「へそもち」を作って、かみなり小僧にあげることにしました。

 

そこでみんなにも粘土をくばって、へそもちをたくさん作ってもらいました!

柔らかい粘土をこねこねするのは気持ちいいですよね・・ 

f:id:atelierfunfun:20170125110756j:plain

ま〜るくこねこねしたら真ん中にペンでおへそを描きます!

f:id:atelierfunfun:20170125112133j:plain

1歳のIちゃんは粘土よりペンが興味しんしんでした(^^)

f:id:atelierfunfun:20170124200717j:plain

こんな変なかたちのおへそ作ったよ!と見せてくれるKくん。

f:id:atelierfunfun:20170125110904j:plain

 

f:id:atelierfunfun:20170125110913j:plain



お餅ができたらお話の続き・・・

へそもちをもらったかみなり小僧が空へ帰って行くはずなのですが・・

首をかしげて見ているのはなぜ??

f:id:atelierfunfun:20170125110926j:plain

なんと絵本が逆さまでした(笑)!

・・な〜んてこともありましたが、かみなり小僧は無事、凧に乗って帰って行き、その後、槍(避雷針?)のある建物には近づかなくなりましたとさ。

めでたしめでたし。

 

・・のはずが、なんと半べそをかいているUくん!「かみなりさま恐かった・・」と。

すっかりお話に入りこんでしまった様子にビックリです!

「かみなりさまは行っちゃったよ、凧にのって行っちゃったんだよ」というわけで、

今度は凧も作りました。

切り開いたビニール袋にポスカやテープやシールで飾り付けをして・・

Sくんはまだ3歳なのになんと「たこあげ」って字を書いてました!

すごいですね〜(x_x) 字が好きなんだそうです。

f:id:atelierfunfun:20170125110941j:plain

 竹ひごとひもをつけたら完成です!

f:id:atelierfunfun:20170125111017j:plain

(でもごめんなさい、急遽思いつきで用意したものだったので、ちょっと作りがアバウトで・・・無事揚がるといいのですが(><)!)

 

凧ができたら今度はみんなも、お団子食べて一息タイム。ママたちはおしゃべりしたり、子どもたちは会場にあるおもちゃで遊んだりして、短いですが楽しい時間を過ごして頂けたなら良かったなと思います。

 

こんな感じでいろ〜んな角度からお話を楽しめる、「絵本と工作のサロン」は来月以降も開催予定です。

2月は2/21(火)、3月は3/21(火)、いずれも時間は10時半〜12時です。

2月の絵本は「てぶくろ」です!工作は、袋を使ってなにか作る予定。

 

未就園のお子さんとの蜜月な毎日、公園で遊ぶにも寒い季節、

いつもと少し違う楽しい時間を過ごしにいらしてみませんか。

ご興味のある方、ご参加、お待ちしております(^^)

 

お申し込みはこちらから↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

これからも、親子サロン、ラボパーティさんとこども図工室FUNFUNをよろしくお願い致します。

 

さいたま市見沼区東大宮 の こども 造形 絵画教室

★こども図工室FUNFUN★