読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こども図工室FUNFUN

こども図工室FUNFUNのニュース&ブログです。 http://ateliernk.wix.com/funfun

「クレヨン作り」レポートPART2

ちょっとうっかり、しばらくブログを

さぼってしまいました(><)。。

 

気がつけばなんと4月、桜も満開になりましたね。

 

遅まきながらとりあえずまずは、

3月のクレヨン作りのレポートPART2から

アップして行きたいと思います。

 

クレヨン作りにはその後、年長さんの女の子と

1年生の男の子が参加しに来てくれました。

 

クレヨンを、ぽきぽきと折って、耐熱カップに入れて

加熱するだけのマーブルクレヨン。

ですがやっぱり、個性が出るものです。

 

今回参加した二人、女の子は女の子らしい色、

男の子は男の子らしい色、と選ぶ色・組み合わせる色が

かなりはっきり分かれました。

もちろん、それぞれの性別らしいこと自体が

いい・悪いというものではありません。

ただ、性別にかかわらずそういうはっきりとした

個性の差を見せられた時は「ほほう〜」と

楽しくなります(^^)

 

女の子らしい色、そして組み合わさった時に

きれいに見えるかどうかを意識しながら選ぶ女の子。

ライラック色とイエローなんて、もこもこした可愛い

セーターなんかを思い起こさせますよね。

カッターもかなり上手に使いこなして自分で細かく

折ることが出来ました。

f:id:atelierfunfun:20160401155553j:plain

一方、紺や茶色やシルバーなどがメインカラーの男の子。

こちらはメンズのマフラーなんかにしたらかっこ良さそうな

配色です。

ちなみに今回使ったクレヨンにはなんと金銀もありまして、

加熱して溶けた状態はかなり金属的な感じでした(x0x)

そして、溶けてまだ固まらないうちにぐるぐるとかき混ぜて、

マーブルというより混色クレヨンという感じの仕上がりにも

なりました。(でもひっくり返すと混ざりきらない部分が

出てくるので、それも面白い)

f:id:atelierfunfun:20160401155648j:plain

そしてこのマーブルクレヨン、平たい状態で出来上がるので、

実際、細かな描写的なお絵描きには向いていないようです。

f:id:atelierfunfun:20160401155902j:plain

それで今回は、小さい画用紙を塗りつぶして、色んな色が

混ざった色紙を作る、みたいなこともしてみました。

さらにそこに、透明クレヨンやおやさいクレヨンを重ねてみたり。

透明クレヨンはかなり伸びがよく、また、お野菜クレヨンは、

見た目よりかなり優しい、草木染め的な色合いになります。

(お野菜の絵はお野菜クレヨンで描いてくれました)

f:id:atelierfunfun:20160401160114j:plain

そうして色んなクレヨンを使って出来た色紙たち。

 

f:id:atelierfunfun:20160401160653j:plain

次はいつか、これをちょきちょき切って、「はらぺこあおむし

のエリックカール氏の絵のような、コラージュ・ワークショップも

やってみたいな・・と思っています(^^)