こども図工室FUNFUN

こども図工室FUNFUNのニュース&ブログです。 http://ateliernk.wix.com/funfun

9月のアトリエレポートPART4〜絵の具の電球、そして船

こんにちは。さいたま市見沼区 の 造形 絵画教室 「こども図工室FUNFUN」です。

ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

絵の具の実験、2年生男子の巻。先日モーター工作が楽しかったC君はアトリエに入って来るなり「今度はモーターでロープウェーを作りたいんだ」と言って来たのですが、用意していた映像と電球型の瓶を見て、「まずはこれやる!」と言って始まりました。

 

電球瓶の中にサラダ油を入れて、そこに絵の具をどぽどぽ...

f:id:atelierfunfun:20170917175234j:plain

 

瓶の底の油の中に、絵の具の玉がたくさん出来ていきます...

瓶の形が丸いので、見え方が歪んで面白いです。

f:id:atelierfunfun:20170917175329j:plain

 

絵の具をたくさん出すのが楽しくなって、パレットとして用意していた容器にも、かなりの量の絵の具をボトルからどぽどぽ!水で溶いていない絵の具を注射器で吸い取るのは大変!

f:id:atelierfunfun:20170917175331j:plain

 

今までC君は、「紙」に向かって絵の具遊びをする、氷絵の具や色水スプレーといったメニューはあまり楽しまず、それよりは「何かを描く」ということをしたかったようだったので、実は今回もどうかなと思っていたのですが...、この勢いにビックリ!

 

どうもこの電球型の瓶がヒットしたようなんですね。エジソンの伝記を読んだ事があるようで、「エジソンは何で電球を作ったか知ってる?!竹だよ!だから竹の色を入れるんだ」

 

瓶の中に入れたサラダ油は少しだったのですが、絵の具が大量に入ってこぼれ出してしまい、容量が減った瓶の中にまた絵の具を注入し、もうすごいことに。

f:id:atelierfunfun:20170917175324j:plain

 

でもこの瓶の外にも絵の具が垂れたジャンクな感じ?!が気に入ったようで、「これで出来上がり!」と瓶のフタを閉めました。確かにちょっとカッコイイ。

f:id:atelierfunfun:20170917175458j:plain

 

ちなみにこちらはパレットの絵の具を流しているところ。意図せず出来た流れがとてもきれいでした..

f:id:atelierfunfun:20170917175506j:plain


さて、「マイ電球」が出来たC君は気が済んで、今度は先月我が家の息子が作った船を見て、また船のことを思い出し、自分ももう一度この水色の発泡スチロールで船が作りたいと。(ちなみにこれは発泡スチロールではなくスタイロフォームです)

ロープウェイも作りたかったのだけど、私の方がモーターと電池ボックスの用意がちゃんとできていなかったのです。「じゃあ用意してて、僕は船を作ってるから」と言い、さくさく作り始めました。

f:id:atelierfunfun:20170917175410j:plain

 

6月から来てくれるようになったC君、スカイツリーや飛行機など、他にも好きなものはあるようですが、ここで作る船はいくつめでしょうか...もう4つめかな。

「船は先がとがってる方が進むんだって、おじいちゃんに言われた」と言って舳先を三角に。引き出しから洗濯バサミを見つけて「これはいい」とどんどん取り入れます。

f:id:atelierfunfun:20170917175340j:plain

 

どうしていつもそんなに何も見ないで作れるの?図鑑とかをいつも見てるの?と聞いたところ、答えは「Youtube」。「Youtubeで工作で検索してる」。・・そうなんだ〜〜

f:id:atelierfunfun:20170917175605j:plain

 

後ろにバネをつけたいと言うので、要らないボールペンの中のバネを提供しました。

f:id:atelierfunfun:20170917175459j:plain

 

完成です!

f:id:atelierfunfun:20170917175627j:plain

 

私の方は結局モーターと繋ぐスイッチの組み立てが分からずf^^;

C君が帰ってから出来たので、次回はいよいよロープウェー作りできるかな?!

 

これからも、こども図工室FUNFUNを、よろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

さいたま市見沼区の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

9月のアトリエレポートPART3〜絵の具、それから迷路

こんにちは。さいたま市見沼区 の 造形 絵画教室 「こども図工室FUNFUN」です。

ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

絵の具の実験、今回は年長さんと2年生の男の子の巻。

 

導入向けに作った映像を見せると、まず油を使ってみたい、とEくん。

縦に長い瓶を選んで、青い絵の具を垂らして行きました。。

f:id:atelierfunfun:20170917172331j:plain

さらに、牛乳も!

牛乳が絵の具を包んで玉になって、ドロン!

f:id:atelierfunfun:20170917172424j:plain

Hくんの方は、洗濯のりに油に‥

いろいろ混ぜてすっかり深海の怪しい生物?のように‥

f:id:atelierfunfun:20170917172838j:plain

Eくんは、しばらく瓶の中で絵の具の玉が出来て行くのを楽しんだ後は、さらにバットにも油と絵の具を流して、こんな世界地図のような状態を創り出していました。

f:id:atelierfunfun:20170917172748j:plain

 

…とまあしかし、青や暗い色系ばかり使いがちな2人ですと、あっという間にどれも鈍い色になっていきます。

するとHくんが最初に、

「こういうの、苦手」と言いました。

「気持ち悪い」。

確かに。これをグロテスクと思うのももちろん感性です。

この状態でも触感や現象を楽しんで続ける子もいます。使う色が限られているようでいて、ちゃんと色を見て感じての感想なんだろうと思います。

 

「H、これじゃなくて、工作したい」

と言って、いつもの大好きなビー玉転がし作りが始まりました。

f:id:atelierfunfun:20170917173000j:plain

でも今回はちょっといつもと違う材料も見つけて。洗濯バサミでもコースを作りました。

f:id:atelierfunfun:20170917173149j:plain

Eくんはもう少し絵の具の実験もやっていましたが、お兄さんのHくんの作っているものがとても魅力的に見えたのでしょう、こちらもビー玉転がし作りが始まりました。

以前、ワークショップで作ったときは、箱の中だけでおさまっていたEくんでしたが、今回は大胆にロール芯をつなげていきます。

f:id:atelierfunfun:20170917173150j:plain

うまく転がらないのはどうしてか、よくよく考え、スタートの箱の裏にゲタをはかせて高さを出すことにしました。

f:id:atelierfunfun:20170917173229j:plain

Hくんの洗濯バサミコースと箱のコースが合体して、いざ転がします!Eくんもどうなるか興味津々。

f:id:atelierfunfun:20170917173259j:plain

 

Eくんの方も、さらにポテチ缶で高さを出して、急な坂のコースが出来上がりました。

f:id:atelierfunfun:20170917173409j:plain

 

絵の具の実験にはうまく興味を引けなかったけれど、何回でも作りたいほど好きなものがあるのは楽しいことです。

そして、何度も作っているからといって、毎回同じものであるわけはなく、毎回新しい発見をすることから、広がって行く世界もあると思います。

 

それぞれの、世界の広げ方を見守りながら、これからもプラスアルファ、提供していけたらなと思っています。

 

これからも、こども図工室FUNFUNを、よろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

さいたま市見沼区の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

9月のアトリエレポートPART2~絵の具の動き、それから

こんにちは。さいたま市見沼区 の 造形 絵画教室 「こども図工室FUNFUN」です。

ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

「絵の具の動きを楽しもう」レポート第2弾は、年長さんの女の子ふたり。

 

この日は立体マーブリングの実験を事前に少し重ね、思いきってマニキュアを使ってみることにしました。

臭いが...やはりちょっと厳しかったですが...

 

最初は紙皿を使いました。

洗濯のりを入れたところにマニキュアをポタポタ...

最初はマニキュアの筆で少しずつ垂らしていましたが、Aちゃんはそのうち瓶から直接垂らし始めました!

f:id:atelierfunfun:20170915155826j:plain

水の上の水性顔料マーブリングは、絵の具がすぐにゆらぎ始めますが、洗濯のりx油性マニキュアだと、垂らしたそのままに留まります。

まるでジャクソン・ポロック(アメリカの抽象画家)のドリッピングみたい?!

f:id:atelierfunfun:20170915155838j:plain

 

一方Mちゃんの方は筆で少しずつ垂らすことを続け、さらに竹串で混ぜていきました。。

f:id:atelierfunfun:20170915155811j:plain

すごく細やかな模様に...

f:id:atelierfunfun:20170915155719j:plain

 

Aちゃんは、以前画用紙でお絵描きした時にはなかった大胆さで、ほとんど全てのマニキュアを垂らし切りました!

f:id:atelierfunfun:20170915155804j:plain

そこに型抜きした粘土を入れたり、自分でハート形に切った紙を入れたりしてマーブリングしてみました。

f:id:atelierfunfun:20170915155710j:plain

 

2人の仕上がりはこんな感じ。

マーブリングでなく、直接着色した粘土もあります。 f:id:atelierfunfun:20170918164519j:image

 

さて、マーブリングがひと段落すると、Mちゃんは、小さな画用紙を欲しがり、それに垂らした水彩絵の具をストローで吹き始めました。

幼稚園でやったことあるのかな?特に私から促したわけでもなかったので、自然と流れでやってみたくなったのでしょう。

f:id:atelierfunfun:20170915155751j:plain

フォークで引っかいたりもして、こんな面白い画面になりました。

f:id:atelierfunfun:20170917165906j:plain

一方、立体マーブリングで使った粘土をもっと欲しい、と言ったAちゃんの方は、手の中で粘土をこねているうちに、おむすびみたい、おむすびにしよう、となって..

梅おにぎり。

f:id:atelierfunfun:20170917164848j:plain

さらにはミカン。蛍光ペンでの着色で、このリアル感!

f:id:atelierfunfun:20170917164959j:plain

 

Mちゃんはまた絵の具x液体実験に戻りました。

こちらはサラダ油に水彩絵の具。 

f:id:atelierfunfun:20170915191725j:plain

青い絵の具が小さな丸い粒になってたくさん沈んでいるグラスを覗き込んで、宇宙みたい、夜空みたい、きれい。

f:id:atelierfunfun:20170915191853j:plain

さらにプクプクと...丸い粒になる絵の具がきれいです、楽しいです!

f:id:atelierfunfun:20170917165323j:plain

 

それでまたAちゃんも実験に戻ってきました。こちらは洗濯のりに水性顔料。

細かな胞子のように絵の具の足が伸びて行くのを側面から見て、おお〜っ!と驚いています。

f:id:atelierfunfun:20170915155621j:plain

絵の具入れにしていた卵ケースの底に残った絵の具が、クローバーみたい。と言ったり。

f:id:atelierfunfun:20170915191708j:plain

洗濯のりにさらにたくさん絵の具を足して、上から見たらもう真っ暗なんだけど、側面から見るとこんな不思議な層になっていました。

f:id:atelierfunfun:20170917165513j:plain

この洗濯のりを、じゃあスライムにしてみる?というと、じゃあメロンソーダにする、とAちゃんは言って、メロンソーダ色で作り直しました。

今度は、普通の洗濯のりとは別に、アイロン用の糊も注入。するとなんとも言えないトロミ感!

f:id:atelierfunfun:20170915191830j:plain

 

最後、メロンソーダにスイカも追加され、おにぎりはセブンイレブンの包装がなされました。

以前はお迎えが来たらすぐに帰っていたAちゃんですが、お母さんがお迎えに来ても自分が心に決めたところまで作って行くと言うようになりました。

f:id:atelierfunfun:20170917165654j:plain

 

形にとどまらないものを色んな方法でずっと楽しんでいたMちゃんと、形に留めることと、とどまらないものとを行ったり来たりしながら楽しんでいたAちゃん。2人が少しずつ影響し合っていて、見ていて楽しかったです。

 

これからも、こども図工室FUNFUNを、よろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

さいたま市見沼区の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

9月のアトリエレポートPART1〜絵の具の動きを楽しもう

こんにちは。さいたま市見沼区 の 造形 絵画教室 「こども図工室FUNFUN」です。

ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

ようやく9月のレポートに入ります。

 

9月のメニューは「絵の具の動きを楽しもう」ということで、さまざまな液体を用意して、そこに絵の具を注入したときのゆらぎを鑑賞(観察?)して楽しもう..というものです。

先々月、私がアトリエ・ル・マタンさんのワークショップで体験して、とても楽しかったので、早速FUNFUN でも試してみることにしました。

 

造形表現は、どうしても表現された形に目が行きがちですが、まずは、何かの事象に相対して、「感じる」ことがスタートなのだと、そのワークショップでも話題になりました。

 

ですが、成長段階も、ふだん興味のあるものも、それぞれ違う子どもたち。

この「絵の具の動き」というメニューに対して、どんな感じ方、反応を示してくるかは全くの未知数で、私の方もドキドキでした。

 

用意していたのは洗濯のり、水、水彩絵の具、アクリル絵の具、墨流し顔料、食紅、サラダ油など、それから用具としてグラスやバット、駄菓子などの空き容器、スポイトや注射器など...。

そして最後に何らかの形に残すことが出来ればと、マーブリングを写し取る紙や粘土、スライムが作れるようホウ砂(薬品です)。

 

そしてトップバッターの園児ふたりの場合...

 

導入と思い見せた映像もそこそこに、注射器を見つけ大喜びのT君。  

この後、予想はしていましたが、水鉄砲よろしくそこらじゅうに飛ばしたくなってしまったので、天気が良かったこの日は外で注射器祭りに(笑)。私も標的になって大変!!

f:id:atelierfunfun:20170915153755j:plain

 

一方、ねんどのマーブリングがやりたいと言っていたHちゃんも、しばらくは一緒になって注射器祭りでしたが(笑)

途中から、色水づくりに夢中に。

洗濯糊に絵の具を入れていくものの、絵の具の動きをゆっくり見るような間はありませんで、あっという間に色水は混濁していきますが、それでも色がどんどん変わって行くことがHちゃんは面白いようです。また、絵の具や墨流し顔料のチューブから絞り出す、その行為自体が楽しいようで、中身がなくなるまで絞り出します。

そんな状態なのでマーブリングにはなりませんでしたが、最初の要望通り、串に刺した粘土に色つけはできました。

f:id:atelierfunfun:20170915153817j:plain

 

T君も色水づくりに参戦したものの、少しすると気が済んできたようだったので、ここらでホウ砂水を用意して、スライムづくりを勧めてみると...

(洗濯糊とホウ砂水を混ぜると、ゲル状化してスライムが出来ます)

「固まったよ〜!」と驚くT君。

f:id:atelierfunfun:20170915153845j:plain

 

当然「Hちゃんもそれ、やる〜」と言い出します、

f:id:atelierfunfun:20170915153932j:plain

 

ふたりそれぞれ、好きな色を選び直して混色しながら、きれいな色のスライムを作りました。

この日は本当にきれいな秋の陽射しで、光に当たって透明でキラキラしているスライムを見てT君は「宝石みたい」と言っていました。

f:id:atelierfunfun:20170915154718j:plain

 

そんなこんなで、絵の具の動きを「見て」楽しむ、というような「受け」の楽しみではなく、注射器で色水飛ばす!絵の具絞り出して混ぜる!といった「アクション」を、とことん楽しんでいた、年長さんと年中さんの2人でした。

 

映像制作からの準備をバッチリ手伝ってくれていた我が家の四年息子が、園児の想定外の楽しみ方に混ざれなかったのは私の今後の課題として... 、

さて他の子どもたちはどんなことになるのやら。 またお読み頂けたら幸いです。

「こんなふうに楽しんでほしい」と想定するのではなく、子どもが見つけた楽しみを、一緒に共有して楽しんで行きたい、と思って、います。

(目標、ですね。実際は、その場その場の対応に、テンヤワンヤしていますf^^;)

 

これからも、こども図工室FUNFUNを、よろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

さいたま市見沼区の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

8月のアトリエレポートPART10〜夏休み最後の舟づくり・その2

こんにちは。さいたま市見沼区 の 造形 絵画教室 「こども図工室FUNFUN」です。

ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

8月の最後のアトリエレポートです。

小学2年のお兄ちゃんと年長さんの女の子とで、舟づくりに来てくれました。

 

お兄ちゃんのS君は、スチロールトレイのボディにプロペラをつけたい。でもビニルテープを貼ってしまって意外と串がささらないので・・ 

f:id:atelierfunfun:20170909072433j:plain

 キリで穴をあけてもらいました。

f:id:atelierfunfun:20170909072448j:plain

刺さると今度は抜けやすいという問題が発生、ビニルテープをぐるぐる巻きにしてみたりして・・

f:id:atelierfunfun:20170909072444j:plain

 

妹のAちゃんもスチロールトレイを貼り合わせ、ストローのマストを立てて、何やらペンとシールでかわいい動物の顔を描きました。

さらにかわいピッグを刺して飾り付け。スチロールにサクサク刺さるピッグは気持ちいいです。

f:id:atelierfunfun:20170909072531j:plain

 

息子も前半の時間に作っていたパーツを組み合わせ、舟のようになってきました。

帆?には、黒のビニルテープで猫の絵が描かれています。

f:id:atelierfunfun:20170909072729j:plain

 

S君のプロペラは結局、スチロールのボディの内側と外側と両方にペットボトルキャップをかませる事で、なんとか抜けないようにしてみました。

さらに牛乳パックの舟と連結中。

f:id:atelierfunfun:20170909072731j:plain

f:id:atelierfunfun:20170909073308j:plain

 

息子の舟の側面にもペットボトルキャップがたくさん付きました。

強力スポンジ両面テープでついています。

f:id:atelierfunfun:20170909072740j:plain

 

出来上がって、いざ公園へ!

浮きました!すすみました!

f:id:atelierfunfun:20170909073133j:plain

 

f:id:atelierfunfun:20170909073156j:plain

 

f:id:atelierfunfun:20170909073008j:plain

 

S君の舟はこの後連結が外れ、2体になりましたが・・それでも、案外あっさり納得してました^^。

f:id:atelierfunfun:20170909073135j:plain

 

そしてS君は、小学校の自由工作としても、この舟を提出してくれていましたよ。

展示されているのを見てうれしくなりました。

 

これからも、こども図工室FUNFUNを、よろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

さいたま市見沼区の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

8月のアトリエレポートPART9〜夏休み最後の舟づくり・その1

こんにちは。さいたま市見沼区 の 造形 絵画教室 「こども図工室FUNFUN」ですブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

8月のアトリエレポート、ようやく終盤です。

この日は小学校は夏休み最後の日でした。まず前半は幼稚園生3人、男の子2人と、女の子ひとり。

いつもシャイではあるものの、楽しそうに制作しているNちゃんですが、この日は初対面の男の子たちを前にしてフリーズ。口元をきゅっと結んで、ついには涙が!・・実際には、友達同士で来ている男の子たちを前にして緊張したのか、それとも男の子が使っている材料が羨ましいけど言えなかったのか、本当のところは分からず慌てましたが・・ 口元をきゅっと結んだまま、でも手先はしっかり男の子の形を模倣しながら進みます。

f:id:atelierfunfun:20170908152941j:plain

いっぽう男の子たちは、いっこう気にせず、口々に自分の作るものを説明しながら、楽しそうに作っています。

K君は初参加でしたが、イメージがしっかりあるようで、どんどん進みます。

f:id:atelierfunfun:20170908152959j:plain

前回参加の時も舟を作ったJ君は、この日はなかなか気持ちが定まらないようで、最初はNちゃんが真似したような形にしていたのですが、気が変わってスチロールトレイに大きな穴をあけました。

f:id:atelierfunfun:20170908153028j:plain

K君は船底にキラキラテープを貼り、たくさんのマストを立て、

f:id:atelierfunfun:20170908153103j:plain

さらに甲板も作り、賑やかな漁船のようになりました。

f:id:atelierfunfun:20170908153140j:plain

J君もイメージが固まってきました。。

f:id:atelierfunfun:20170908153259j:plain

J君の没アイディアから始まったNちゃんの方は、なんだかケーキのようなかわいい形になってきました。

f:id:atelierfunfun:20170908153335j:plain

男の子たち、まずはプールに浮かべて大喜び!

f:id:atelierfunfun:20170908153340j:plain

最初は固まっていたNちゃんも、出来上がる頃にはすっかりいつもの調子を取り戻して、笑顔!男の子たちにも自分から声をかけてました。

f:id:atelierfunfun:20170908153656j:plain

久々に参加した我が家の息子の作品は、こんなパーツの集まりで・・ この後さらに進化することになります。

f:id:atelierfunfun:20170909073809j:plain

J君の舟は牛乳パックも繋がって増殖しました。

f:id:atelierfunfun:20170908153746j:plain

さらに、入れすぎたプールの水を受ける道具も作っちゃったり。

f:id:atelierfunfun:20170908153826j:plain

・・そして最後は公園に行って楽しく浮かべました!みんなちゃんと浮かんで進みました^^

f:id:atelierfunfun:20170908153850j:plain

 

これからも、こども図工室FUNFUNを、よろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

さいたま市見沼区の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

8月のアトリエレポートPART8〜氷絵の具が・・

こんにちは。さいたま市見沼区 の 造形 絵画教室 「こども図工室FUNFUN」ですブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

9月に入ってすっかり秋らしくなり、アトリエも9月のメニューが始動していますが、8月のレポート、まだあります。

 

「氷絵の具」、最後の週はまた4人参加でした。・・・が!この日、私の準備がまさかの大失敗(>_<)。氷を製氷皿から出すために、少しだけ水につけておいたつもりが、あっという間に溶けてしまったのです!!

 

みんなが来た時には、すっかり小さくなってしまった氷と、色水ばかり。

・・でも、NちゃんとAちゃんは、小さくなった氷と色水をスポイトで集めて、仲良く遊び始めてくれましたf^^;

f:id:atelierfunfun:20170901143549j:plain

 

こちらは、駄菓子「ねるねるねるね」の空き容器です。ふたりは、製氷皿の色水から好きな色を吸い取って、この空き容器に集めているのです。

なんだか、メーク用品のパレットをカスタマイズしてるみたいな、そんな楽しさに見えました^^。

f:id:atelierfunfun:20170908142221j:plain

 

・・と思えば、小さく丸くなってしまった色とりどりの氷は、器の色水に浮かべて、カラフルタピオカみたい?!

f:id:atelierfunfun:20170901143544j:plain

 

・・Aちゃんは、クレヨンを削って浮かべる事を思いつきました。クレヨンをカッターで削るのを慎重に教えてあげると、うまく削り出し、こんな感じで浮かべてました。

・・もはやすっかり不思議な遊びになっていますが、とにかく絵の具とクレヨンの「色」に触発されて発明された遊びには違いありません。

f:id:atelierfunfun:20170901143552j:plain

 

少し遅れてのスタートになったHくん、去年も氷絵の具をやっている彼は、もう3度目です。思えば、H君がすっかり絵の具が楽しくなったキッカケは、氷絵の具だった気がします。H君が到着したころにはすっかり溶けてしまっていた氷ですが、それでも自由に絵の具を楽しみ始めてくれました。 スポイトで吸って、垂らして、息を吹きかけて流して・・

ぞうさんの鼻みたい!!

f:id:atelierfunfun:20170901143557j:plain

 

さらに後から参加のR君も、スポイトを面白がってくれました。「これ注射みたい?!」

f:id:atelierfunfun:20170901143605j:plain

f:id:atelierfunfun:20170908150242j:plain

 

さらに絵の具を粘土で吸い取ってみたり・・

f:id:atelierfunfun:20170908150657j:plain

 

H君はスポイトと、垂れ流し技法?!で、どんどん面白い画面を広げて行きます。f:id:atelierfunfun:20170901143616j:plain

 

さらに水が引いた色面を、フォークでこすったら面白い跡がつきました!

f:id:atelierfunfun:20170901143620j:plain

f:id:atelierfunfun:20170908150107j:plain

f:id:atelierfunfun:20170901143647j:plain

 

・・ずっと色水とクレヨンで遊んでいたAちゃんも、思い出したように画用紙に、立って絵の具を垂らすという手に出ました!

f:id:atelierfunfun:20170901143628j:plain

 

それから手形、手形!「大」の文字に見えるところは、Aちゃんがクレヨンで縁取ったところに、私がスポイトで色を差したものです。

遊んでいるようですが、画面全体を埋め尽くすところ、やっぱり四隅の意識を持ってるなあ、と感じます。

f:id:atelierfunfun:20170901143636j:plain

 

・・そのあとは、色水吸い取る?と言って出しておいた粘土で、色水は吸わずに

こんな可愛い雪だるまを作っていたAちゃんでした。

f:id:atelierfunfun:20170901143639j:plain

 

こちらは、Aちゃんに触発されてNちゃんが作った雪だるまとドーナツです。
初対面で、ふたりともシャイで交わす言葉は少ないものの、しっかり影響されあっています。(Aちゃんの方も、よりドーナツらしく見える方法を模索しながらドーナツ作ってました。)

f:id:atelierfunfun:20170908145152j:plain

 

最後。後から来て、少しお部屋で走り回ったりして遊んでいたR君でしたが、みんなが帰って静かになった頃、クレヨンを手にして絵を描いてくれました。

f:id:atelierfunfun:20170908150354j:plain

うちの息子と、パパと、ママと、自分と、○○おじちゃん(親戚のおじさんかな?よくお名前を聞きます^^)だそうです。

f:id:atelierfunfun:20170901143642j:plain

 

・・そんなわけで、氷絵の具だかなんだか分からなくなってしまった回でしたが、みんなそれぞれの楽しみ方をしてくれたようでしたf^^;。

 

これからも、こども図工室FUNFUNを、よろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

さいたま市見沼区の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com