読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こども図工室FUNFUN

こども図工室FUNFUNのニュース&ブログです。 http://ateliernk.wix.com/funfun

5月のアトリエレポートPART5~段ボール迷路番外編

こんにちは。さいたま市 見沼区 東大宮 の 造形 絵画教室 「こども図工室FUNFUN」です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

先日のプラザノースのイベントには行けなかったけど、迷路は作りたい!という男の子が会員さんの中に二名。そこで彼らの今月の制作は迷路となりました。

 

イベントではある程度キット化(モジュール化)したパーツを用意して行ったのですが、アトリエでは材料も自由。イベントでは登場しなかった材料も、ちょこっと登場しましたよ。

 

二年生のK君はまず本体の箱からアレンジ。箱は、底面の四辺を側面として立ち上げるように用意していたのですが、側面を立ち上げるとき、わざと角に隙間ができるように折り曲げました。

f:id:atelierfunfun:20170527170916j:image

わかりますでしょうか?その隙間からビー玉が出入りするしくみです。奥の角がスタートで、手前の角がゴールです。

 

ホームセンターで売っている、隙間テープやコーナー材も、パーツとして採用されています。

f:id:atelierfunfun:20170527171226j:image

 

そしてこちらは屋根がついて中が見えない秘密のコース、奥から出てくるのかと思わせて、途中の穴からビー玉が出てくるようになっています。
f:id:atelierfunfun:20170527171353j:image

 

最後、お母さんがお迎えに来てからゴール付近も一気に作り込まれ、複雑なルートが完成されました。

f:id:atelierfunfun:20170528114413j:image

 

こちらは久々に迷路作りした息子の作品。パーツは全て片面段ボールを使い、登って降りる坂道コースができました。
f:id:atelierfunfun:20170527220934j:image

 

こちらは年中さんのA君の作品。

f:id:atelierfunfun:20170527221334j:image

何かの内箱についてきた、三つ穴のあいた厚紙を使いました。穴を活かすには下に空間が欲しい、となり、斜めにすることで、そこからそれぞれ滑り台もつくことになりました。

 

ビー玉、ちゃんと出てくるかな...
f:id:atelierfunfun:20170528213542j:image

 

ビー玉をたくさん流すのが、こどもはみんな大好きです。この日はビー玉4個を一気に流しました、穴を三つ抜けてゴールに行くのは、なかなか難しいです(^w^)!

f:id:atelierfunfun:20170527223458j:image

 

そんなわけで、段ボールのビー玉迷路、アトリエ編でした。

追って、FBページに動画も載せたいと思っています。

 

これからも、こども図工室FUNFUNを、よろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

 

 さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com 

 

 

5月の「英語絵本と工作の親子サロン」開催レポ

こんにちは。さいたま市 見沼区 東大宮 の こども 造形 絵画教室 、「こども図工室FUNFUN」 です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

先週開催しました、英語教室ラボパーティさんとコラボの「英語絵本と工作の親子サロン」。

今回の参加者さんは、先月に引き続き参加の3歳のSちゃんとママの1組だったので、Sちゃん1人で存分に楽しむ会となりました。

 

絵本は「今日はみんなでくまがりだ」。

日本ではそんなに馴染みがないかな、と思う絵本で、私も最初知らなかったのですが、

「みんなでくまがりに行くぞー」なんてワイルドな題名に反してほんわりした優しい水彩画、実は私の大好きなヘレン・オクセンバリーという人が描いたものだったと知りました。

 

家族でくまがりに行く道中、原っぱや川やぬかるみやらを乗り越えて行きます。今回はその道中を絵の具でイメージして楽しんじゃおう、と考えておりました。

 

Sちゃんはこの絵本のお話をすでに知っていたので、じゃあ今日は一人だし、もう最初から絵の具遊びしちゃおうとなりまして...

 

リズミカルな歌のような、韻を踏んだ物語のセンテンスをみんなで口ずさみながら、大きな紙の周りをぐるぐる回り、

最初は原っぱだ、原っぱの緑だ!というわけで緑の絵の具を大きな紙にペタペタ。

f:id:atelierfunfun:20170526095412j:plain

次は川だ!青い絵の具を出した洗面器、Sちゃんびちょびちょと手を入れます。

f:id:atelierfunfun:20170526095425j:plain

みんなでベタベタ、川だよ!
f:id:atelierfunfun:20170525233935j:image
足でも入るよ!つめたい~

f:id:atelierfunfun:20170525233909j:image
次はぬかるみ、赤を入れて、泥んこ色に~
f:id:atelierfunfun:20170525234120j:image
次は吹雪だ!新聞紙の雪がたくさん!

f:id:atelierfunfun:20170525233950j:image

吹雪だから舞い散るよ!

f:id:atelierfunfun:20170525234020j:image

そしてついに、クマ発見!!

f:id:atelierfunfun:20170526155313j:image

とうとうクマを見つけたけど、こわい!やっぱりこわいから逃げる!というわけで来た道(来た色)を逆回りにベタベタしながら走って帰ります!

f:id:atelierfunfun:20170525233734j:plain

まだ3歳のSちゃんですから、ずっとお話に合わせて行動するわけではありません。

同じ色をもっともっと欲しがったり、最後は吹雪の新聞紙を絵の具にどんどん投入してぐちょぐちょ混ぜしたり!

でも最後は、思い出したようにあらためて、「絵本読んで」と言って、「くまがり」の絵本を最初から通して読んでもらいました。

f:id:atelierfunfun:20170525234034j:image

昨年秋からのご縁で約半年、ご一緒させて頂いてきたラボパーティさんですが、今まで、絵本の読み聞かせと、絵本に合わせてFUNFUNが用意したものと、ここまで融合した感覚になれたのはなかったのではと思いました。(もちろん今までも楽しかったのですが)

ラボパーティさんの英語教室はもともと、こんなふうにごっこ遊びのようにして、イメージを広げながら、お話を読みこんで行くのだそうです。「外国語」としてではなく、表現する言葉として、コミュニケーションツールとして英語を学んで行くって、こんな感じなのかな、と今回ようやく体感できた感じがしました。

私が今こうして図工室で子どもたちと、美術の材料を使ってしていることも、技術を磨くというようなことではなく、うまく言えないのですが、表現やコミュニケーションを楽しむ経験になったらいいなと、そんな思いを大事に、これからもやっていきたいなと、あらためて思いました。

 

ラボパーティさんとのコラボ企画、来月は一旦親子サロンはお休みになります。そして、7月31日、場所は同じ鳥海建工さんのショールームにて、夏休みのミニミニイベントを開催したいと思っています。夏休みなので、未就園児に限らずたくさんの方にお越し頂けたらと思っていますので、詳細決まり次第また、こちらでお知らせさせて頂きます!

 

これからも、英語教室ラボパーティさんと、こども図工室FUNFUNをよろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

 

 さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com
 

ノースであそぼう!アートひろばの日レポ2

こんにちは。さいたま市 見沼区 東大宮 の こども 造形 絵画教室 、「こども図工室FUNFUN」 です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

先日のブログに続き、「アートひろばの日」のダンボール迷路ワークショップレポ、第二弾です。

 

ごめんなさい、撮りそびれてしまった作品もあるようです。申し訳ないです(><)そして残念です。。

 

とりあえず午後の部、作品紹介致します。

 

 ジグザグの道、くねくねの道、とランダムで楽しいですね。

f:id:atelierfunfun:20170523142749j:plain

 

写真に写りきれていませんが、ハートやお花のシールが貼ってある箇所があちこち。そこにたどりつくとどうなるのかな?

f:id:atelierfunfun:20170523153702j:plain

 

ハート形に仕切られたところがゴールかスタートか?かわいいですね(^^)

f:id:atelierfunfun:20170523125325j:plain

 

抜け穴がいくつもあって道も複雑です。床面がサファリチックですね。

f:id:atelierfunfun:20170523135604j:plain

 

材料の使い方がひとつひとつ面白いです。片面ダンボールにひたすら楊枝を通していました。床面に貼ったシールもかわいいですね。

f:id:atelierfunfun:20170523135632j:plain

 

ゴールと別に、「ゲームオーバー」のルートもあり。トイレット芯に模様を描いたり、前の子が残して行ったパーツを再利用したりしているところも面白いです。

f:id:atelierfunfun:20170523135718j:plain

 

何やら木のモニュメントのようなものが立っています?!

f:id:atelierfunfun:20170523135739j:plain

 

十字になった複雑な回転扉あり、片面ダンボールも駆使していろんな道ができました。番号?点数?も描いてあります。

f:id:atelierfunfun:20170523135753j:plain

 

細ーく区切られたルートがポイントです!

f:id:atelierfunfun:20170523135815j:plain

 

トンネル滑り台を抜けるところがスタート!

f:id:atelierfunfun:20170523135840j:plain

 

高学年の男の子。細かーい道と、正体不明のゴムで回る物体?!そして最後は場外の筒に抜けて行くしくみです。

f:id:atelierfunfun:20170523135909j:plain

 

グリーン系でまとまってます。片面ダンボールの大きなアーチと、折り紙で作ったこれまた大きな旗が印象的です。

f:id:atelierfunfun:20170523141142j:plain

 

カラフルな色使い、シールや、ダンボールの断面をクレヨンで塗ったりもして、可愛くし上がりました。

f:id:atelierfunfun:20170523141205j:plain

 

ダンボールを十字にクロスさせたり、角度を難しくしたり、いろんな工夫が見えます。

f:id:atelierfunfun:20170523141224j:plain

 

直角に置かれたトンネルはどうなっているのか?!中がつながっている?!

f:id:atelierfunfun:20170523141249j:plain

 

細く残っていた片面ダンボールや、お顔を描いたシール、使い切ったマスキングテープの芯なども使って、楽しい雰囲気になりました。

f:id:atelierfunfun:20170523135928j:plain

 

写真に写せませんでしたが、手を置いているところに、ゴムを利用したビー玉発射台があります。お母さんが苦労して仕掛けを作ってくれました!壁におばけがいたり、あちこちにメッセージがあったり、応援の旗があったりと楽しいポイントたくさんです。

f:id:atelierfunfun:20170523135933j:plain

 

最後に参加してくれた男の子に「もう箱が残ってないからこれで最後なんだよ」と話したら、こんな看板まで作ってくれました(^^)

f:id:atelierfunfun:20170523135926j:plain

お時間と準備した材料の都合上、お断りすることになってしまった方もいて、大変申し訳ありませんでした。

 

沢山の子どもたちに参加してもらえて、終始満席で、私が手一杯で手が回りきらないこともあり、おうちの人も一緒になって作ってもらうような感じでした。

以前は、あまり大人の手伝いや声かけがない方が、子どもたちの思いもよらぬアイディアが出てきやすいのではないか、と思ったりもしたのですが、親子で一緒に作るのもやっぱりいいなあ、と思うようになりました。迷路ワークショップはいつも人気ですが、「迷路」と聞いてなんとなくワクワクしてしまうのは、大人も子供も一緒なのかもしれません。大人からだって楽しいアイディアが出てきますし、なんだかんだと話しながら、合作する時間そのものが、子どもにとって楽しい記憶に残ったらいいなと思います。

なんといっても迷路は、出来上がったあと遊べるので、何回も楽しさを反芻することができます!

 

あらためてご参加くださった皆さん、またお世話になりましたプラザノースのスタッフの皆さん、ありがとうございました。

 

これからも、こども図工室FUNFUNをよろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

 

 さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

ノースであそぼう!アートひろばの日レポ1

こんにちは。さいたま市 見沼区 東大宮 の こども 造形 絵画教室 、「こども図工室FUNFUN」 です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

もう一週間過ぎてしまいましたが、先週日曜日、さいたま市北区の公共施設・プラザノースのイベント「アートひろばの日」にて、段ボール迷路ワークショップをさせて頂きました。

ありがたいことに大盛況で、たくさんの子どもたちが迷路を作りに来てくれました。

 

段ボールの箱を組み立て、下に敷く折り紙を選んでもらい、中のパーツを渡したら、各々自由に作ってもらいました。

折り紙の選択や使い方が皆それぞれで、そこから発想していく感じにも見えました。

 

では作品ご紹介、午前の部、行きま〜す☆

 

床面も迷路の道も中心から広がるような感じで、きれい!

f:id:atelierfunfun:20170519190219j:plain

 

坂道があったり屋根つきの道があったり。「もう少し」の看板もあります。

なぜか箱の外側には「目玉」がついています(^^)
f:id:atelierfunfun:20170519190255j:image

 

金と紫できらびやかな感じの床、さらにポスカでも塗り潰されてますます豪華に。

f:id:atelierfunfun:20170519223516j:plain

 

黄金の眩しい床面に、大胆にアーチや橋がかかり、迷路というより何かの建造物のようです。

f:id:atelierfunfun:20170519223933j:plain

 

選んだ折り紙がリバーシブルのキラキラだったので、細かく切って両面使ったらとってもカラフル。滑り台が大胆です。

f:id:atelierfunfun:20170519224602j:plain

 

きっちり二つのお部屋に別れた迷路。キラキラ折り紙はほんとに人気です。

f:id:atelierfunfun:20170519224632j:plain

 

みんなより細幅の段ボールを使って、細かい道をたくさん作りました。隠れた装置も色々あります。

f:id:atelierfunfun:20170519224643j:plain

 

ボンドではなく赤い養生テープでばんばん止め付けていきました。方法もそれぞれです。赤の色が効いています。

f:id:atelierfunfun:20170521182432j:plain

 

トンネルやアーチの装飾がカラフルで可愛らしいですね。

f:id:atelierfunfun:20170519225040j:plain

 

まだまだ小さい女の子で、お父さんが迷路ではなく可愛いお部屋を作ってくれました。シールは自分で頑張って貼りました(^-^)

f:id:atelierfunfun:20170519225457j:plain

 

お子さんと一緒に姪っ子ちゃんを連れて来ていたお母さん、しょげてしまった姪っ子ちゃんの代わりにこんなに頑張って作って下さいました!

f:id:atelierfunfun:20170519224535j:plain

 

床面の切替が4つのお部屋のようですね。片面ダンボールが、楽しく使われています。

f:id:atelierfunfun:20170519225615j:plain

 

滑り台のトップが、ついに場外にはみ出しています。

f:id:atelierfunfun:20170519225703j:plain

 

トンネルがたくさん!最後の回転扉の付け方がアイディアです。

f:id:atelierfunfun:20170519230130j:plain

 

こちらも場外滑り台・・いや、シーソーのような仕掛け?!トンネルのすぐ後に回転扉があったりと、かなり難易度高そうです。

f:id:atelierfunfun:20170519230310j:plain

 

複雑で細かい道がたくさん作られました。

f:id:atelierfunfun:20170521183056j:plain

 

こちらも細かい、そして斜め斜め!ビー玉がギリギリ通れる細い通路がたくさんあります。

f:id:atelierfunfun:20170521183115j:plain

 

スタートは円筒にビー玉をポットン、落として始まります。

f:id:atelierfunfun:20170521183122j:plain

 

壁に穴があいて最後、ビー玉が外に出て行きます!

f:id:atelierfunfun:20170521193820j:plain

 

細かい道、トイレット芯が切り開かれてできた様々な道。難しそうですが、応援キャラが見守ってくれています。

f:id:atelierfunfun:20170521194012j:plain

 

お父さんと合作、楽しそうでした。円筒も、片面ダンボールも、固定はされていなくて、後から自由に変形できちゃうぞ、というフレキシブルタイプです。

f:id:atelierfunfun:20170521194106j:plain

 

午後の部はまた追ってレポート致します。

ご参加、ありがとうございました(^^)

 

これからも、こども図工室FUNFUNをよろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

 

 さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

5月のアトリエレポートPART4~木の工作

こんにちは。さいたま市 見沼区 東大宮 の こども 造形 絵画教室 、「こども図工室FUNFUN」 です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

先月に続き二度目の、年長の男の子T君と年中の女の子Hちゃん。

Hちゃんは最初お絵かきがしたくなったようで「クレヨンある?」と聞いてきました。

クレヨンと画用紙を出すと、「せんせいのかお~」と言って顔を描いてくれました。なつっこいです。お顔描いてもらうなんて初めてだったのでちょっと嬉しかったです(^w^)。

f:id:atelierfunfun:20170517162352j:plain

周りにスタンプも押して可愛くしてくれました。
f:id:atelierfunfun:20170517203014j:image

 

一方T君の方は、今日は木の工作!と思って来ていましたから、早速、木っ端の箱をガサゴソして、紅茶か何かが入っていた木箱を見つけ、これでバス作る!となりました。

そうと決まると手が動くのが速いです、

あっという間にポスカで窓を描き、段ボールを切って差し込みセロテープで止め、座席を作りました。

f:id:atelierfunfun:20170517162353j:plain

 

Hちゃんの方もふっと気がついてみると、円柱形の木っ端を一気に積み重ねて、絶妙なバランスで立てています。

f:id:atelierfunfun:20170517162400j:plain

そのバランスをなんとかキープしながらボンドで止めてあげると、そこで満足してしまいそうでしたが、キラキラの連結シールを見せると、喜んで今度はシールをぐるぐる巻き付け始めました。

f:id:atelierfunfun:20170517162450j:plain

 

当然T君も、シールいいな~となって、二人で分けっこして使うことに。バスは急にハデハデの電飾バスなりました。

タイヤは、片側は、枝を輪切りにしたものを使っていますが、同じ大きさのものが4つはなくて、反対側は、お母さんがダンボールで切り出してくれました。

「こうしたい」と思ったら「すぐ!」というT君を察して、私が手を回す前にいい感じに手伝って下さいました。ありがとうございます。

そして正面には数字のスタンプ。

f:id:atelierfunfun:20170517162504j:plain

 

でもその後、突起部分を作りたくなって数字は消えてしまい

f:id:atelierfunfun:20170518150625j:plain

 

さらに最後ぐるっと巻かれたラメラメテープの上に、あらためて数字のスタンプが押されました!ラメの上でも案外載ることが分かってびっくり。
f:id:atelierfunfun:20170517203133j:image

 

Hちゃんは今度は、棚から「ガラス絵の具」を見つけ出して、なんだか分からないまま使い出しています。他の周りの木片たちにもシールが貼られました。
f:id:atelierfunfun:20170517203220j:image

 

一方こちらは、4年生の息子の、前回上手く行かず、できあがらなかったミニチュアパソコンデスク。この日、追加投入した木材をうまく使って、デスクと椅子と、モニターデスクトップパソコンとキーボードとマウス(やすって丸くしています!)が出来上がりました。小さい頃からパソコンが好きで、工作で作ったパソコンは、これが何台目かもう数えきれないほどです(^w^)

f:id:atelierfunfun:20170518150811j:plain

 

工作にひとくぎりついたHちゃんは黒板でお絵描き。

f:id:atelierfunfun:20170518150712j:plain

 

こちらもバスが完成したTくんは、今度は画用紙を使って「けいたいでんわ!」

f:id:atelierfunfun:20170518150733j:plain

 

小さいお子さんの集中していられる時間は短い場合もありますが、集中して作る時間も、

なんとなく落書きのような時間も、どっちも楽しいので、どっちも大切にしていきたいと思います。

 

これからも、こども図工室FUNFUNをよろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

 

 さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

5月のアトリエレポートPART3〜それぞれの体験教室の巻

こんにちは。さいたま市 見沼区 東大宮 の こども 造形 絵画教室 、「こども図工室FUNFUN」 です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

先日は年長さんの男の子と女の子が、お友達同士で体験に来てくれました。

 

女の子のMちゃんから「木の工作」とリクエストをもらっていたので、

木っ端と、ボンドと、それから仮固定用の「くっつき虫」(ねり消しのようなもので、本来は壁に跡をつけずに絵を貼るためなどに使います)を用意していました。

 

しかし男の子のWくんの方は、このくっつき虫をなぜか自分の鼻につけ、その先に木片をつけて、いきなりピノキオに(^^)?!

f:id:atelierfunfun:20170516152347j:plain

 

Mちゃんは、円柱型の木片を見つけて、それに何やらポスカで模様を描き始めました。

f:id:atelierfunfun:20170516152416j:plain

 

・・W君はしばらくピノキオになって歩き回っていたので、これは木よりも柔らかい「くっつき虫」の方が楽しいのかな、と思い、でもくっつき虫はあまり伸びたりするものでもないので、じゃあ粘土はどうかなと、いつもの柔らかい紙粘土を出してみることにしました。

Mちゃんの使っているポスカを使って、色をつけることもできるよ。というと早速やってみるWくん。

f:id:atelierfunfun:20170516152559j:plain

じゃあもう絵の具も出しちゃおうか。というわけで定番の、粘土に絵の具まぜまぜが始まりました。

W君が出した色はうすだいだい色に、黒に、茶色に、黄色、黄土色、赤。焼きそばを連想させられるのはなぜ(^^)?!

f:id:atelierfunfun:20170516152727j:plain

 

Mちゃんの方は、円柱の上に半円型の木が乗り、その上にドングリや枝がつきました。

さっき描いていたのは窓だったようで、屋根にはハートがついて、かわいいお城になったみたいです。半円型と円柱はボンドでつけましたが、どんぐりと半円型はうまくくっつかないので、ここはW君が使い出した紙粘土をもらって、くっつけました。

f:id:atelierfunfun:20170516152943j:plain

 

そしてもちろん、W君がやっている紙粘土に惹かれて、Mちゃんも紙粘土に絵の具まぜまぜが始まりました。少量のねんどに、少しずつ色を混ぜて、淡い青紫ができていきます。

f:id:atelierfunfun:20170516153150j:plain

 

Wくんの方は、ねんどの量もどんどん増やしていきます。

立ちあがって前屈するような姿勢で、チューブの絵の具を次々勢い良く足して行きます。チューブから絞り出すのも力が要りますから、すごくパワフルです。

ねんどは、色んな色が混じり合って深い黒になり、まるで溶岩のようです。

粘土に向かってパンチするようにして混ぜていくWくん。

f:id:atelierfunfun:20170516153410j:plain

朱赤とも言えるような濃いオレンジが加わって、まるで山火事のようになってきました。

f:id:atelierfunfun:20170516153946j:plain

と思ったら、今度は一転グリーンが広がり、山に植物の息吹が戻ったようです。

f:id:atelierfunfun:20170516154327j:plain

 

Mちゃんの方も、自分のペースを崩しません。

また少量のねんどをつまみとり、今度は緑色をいれてこね続けています。

f:id:atelierfunfun:20170516154751j:plain

 

Wくんは今度は青をたっぷり出して、海のようになりました。

なんだか大自然の春夏秋冬のような七変化です。

時々なにかセリフのような言葉をつぶやきながら、ねんどと格闘し続けています。

f:id:atelierfunfun:20170516155021j:plain

 

Mちゃんの方は、こんどは淡いピンクを作りました。そして最初のうす青紫を中心にして、どうやらお花を作っている様子。なんだか和菓子作りのようです。

Mちゃんはちょっとの量の紙粘土をちょっとずつ分けて使っているので、途中固まらないようにラップをかぶせておきました。

f:id:atelierfunfun:20170516155442j:plain

 

Wくんの方は、最後にどっと黒を混ぜて、またまた真っ黒の溶岩になってゆきました。終始、すごい勢いです。

f:id:atelierfunfun:20170516160024j:plain

 

最後はねんど版から剥がして、なんだかマグマのように?!なりました。

f:id:atelierfunfun:20170516160126j:plain

 

Mちゃんの方は、ずっととってあった白いままの粘土で、青紫の粘土をつつみ、ナイフで割ってみたら、これまた和菓子のよう。それともマシュマロのよう?!

f:id:atelierfunfun:20170516161741j:plain

なんだか美味しそうなものが出来たということで、お皿が欲しくなり、「お皿のフチを立てたい」と言うので私もお手伝いをしたら、子供の頃のままごと気分を思い出しました。

f:id:atelierfunfun:20170516162137j:plain

白い紙にクレヨンでお絵描きしたものを板材に貼り付けて、その上に作品を並べたら、

まるで童話が始まりそうな、かわいい世界になりました。

f:id:atelierfunfun:20170516162005j:plain

 

ところで我が家の息子の方はこのお二人の脇で、なにやら木材で「机をつくる」と言って木を切っておりました。

f:id:atelierfunfun:20170516163042j:plain

しかし・・脚の長さを同じようにするのは難しく、この日は途中まででした。

続きはまた後日のブログでアップします。

自分のものは上手く行かず不満そうでしたが、2人が作るものは面白がって撮影してくれたりしていました。

f:id:atelierfunfun:20170516163209j:plain

 

粘土との格闘が終わったWくんは、そのあと窓にお絵かきもしていってくれました。

何やら蜘蛛の巣のような?!

Wくんはどうやら黒が好きみたいですね。

f:id:atelierfunfun:20170517151824j:image

 

三者三様、まったく見事に、それぞれのペースでございました。

Wくんのお母さんからは、「制作が苦手で・・」などと事前にお聞きしていたのですが、なんとも素晴らしい集中力、みなぎるパワーを見せつけられました。

男の子らしい、女の子らしいなんて安易な言葉で言い尽くせるものでもなく、ただただ、個々の鮮やかな対比がなんとも面白いと思います。個性ってこんなに違うんだなと圧巻させられます。本当にいつも思うのですが、出来上がりだけでなく、その過程を見ているのがなんともエキサイティングです。

 

形にする、しないに関わらず、まだまだ小さな子どもたちには「作品」なんていう意識はないかもしれません。でも、絵の具や粘土や、その他いろんな魅力的な材料に触わって、感じて、それが自分の手で変化して行くのを見て、それぞれの発見をして・・

自分が発見するのも楽しいし、ひとが発見したのを見せてもらうのも楽しい。

そんな楽しい時間をこれからも共有して行けたらいいなと思っています。

 

これからも、こども図工室FUNFUNをよろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

 

 さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com

5月のアトリエレポートPART2〜窓でお絵描き?!

こんにちは。さいたま市 見沼区 東大宮 の こども 造形 絵画教室 、「こども図工室FUNFUN」 です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

先日来てくれた年長さんのEくん。月一回の会員さんなので、今月のメニュー「スタンプ」と「木の工作」でどちらがいい?と前もって聞いていたところ、スタンプ、ということだったのですが、アトリエに入ると言ってきたのが

「粘土は、今日もある?」(^w^)

 

前回、前々回と触った紙粘土、小麦粘土のように伸びがよくて気持ちがいいので、すっかりお気に入りになったようです。

 

先月、他のお子さんが作った作品の写真を見て

(毎月、こどもたちが作った作品写真をお便りにしてお渡ししています)、

「僕も粘土の表面塗ってみる。」ということになり、最初は粘土に絵の具を練り込んで色をつけていたのですが、その粘土を絵の具の上に転がして表面に色づけしてみました。ひび割れから中の色が覗くこの玉は、最後はなんだか惑星のような感じになりました。

f:id:atelierfunfun:20170511063749j:plain

 

しかしそのうち、これまた前回覚えた「ウッドデッキに出ると気持ちいい」ということを思いだし、我が家の息子と窓の向こうとこっちで遊び出したので、思いきって「じゃあ窓にお絵かきしてみる?」と提案してみました。

クレヨンや絵の具は後で落とせますからね。

私も混じって3人で、窓の向こうとこっちでお絵かき、さてどうなるか。

f:id:atelierfunfun:20170515165318j:plain

 

こんなお顔や、色のぐるぐるが登場したり
f:id:atelierfunfun:20170511171807j:image

f:id:atelierfunfun:20170511174618j:image


マスキングテープも追加されたり

f:id:atelierfunfun:20170515174451j:plain

 

いろんな色のクレヨンでぐるぐる~っと描いたところに、私が楕円を描き足して、UFO~と言うと、いや、土星に見える。と言われたり。

f:id:atelierfunfun:20170515175715j:plain

f:id:atelierfunfun:20170515174712j:plain

 

そうこうするうちに、またまた水スプレーが登場して、自分たちで掃除して消すような方向に

f:id:atelierfunfun:20170511172535j:image
なったかと思われましたが、それじゃあつまらない~と私が、掃除用スポンジではなくスタンプ用スポンジ(絵の具が含ませてある)を使ってゴシゴシ! またたくまに窓がカラフルに!

f:id:atelierfunfun:20170511173206j:image

そこにE君がまた水スプレーをシュッシュすると、スポンジでつけた絵の具がたくさんの筋を作って流れていきます。

きれい~!また色つけて!ここに、次は赤!次は青!とどんどんリクエストしてくれるE君に私も楽しくなって、スポンジでシャッシャッとストロークを入れると、またそこにスプレーされて、色の滝ができていきます。f:id:atelierfunfun:20170511173536j:image

 

f:id:atelierfunfun:20170511173640j:image

 

最終的にはこんな感じになりました。

きれいだな~と写真を撮っていると、もう気が済んだ子どもたちは、部屋側でなにやら秘密基地を作り出した様子f^_^;
f:id:atelierfunfun:20170511173742j:image

 

こちらが用意していた「スタンプ」からは思いもよらない展開となりましたが、FUNFUNの一番の命題はこどもの主体性、自発性を尊重することだと思ってやっております。私の方がそこにどう乗っかるか、こちらから提案もしつつも、果たしてどこに連れて行かれるのか、毎回ドキドキですが、一緒になって楽しめたらと思っています!

 

窓の絵は、消せるからと思って描き始めたけれど、きれいなのでまだそのまま残しています。

次の日の雨で流れるかと思ったけれど、流れ落ちませんでした。

清々しい季節なので、またやってみても楽しいかな~と思っています。

 

これからも、こども図工室FUNFUNをよろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

 

 さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com