読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こども図工室FUNFUN

こども図工室FUNFUNのニュース&ブログです。 http://ateliernk.wix.com/funfun

4月のアトリエレポートPART8〜体験教室ねんどの巻

こんにちは。さいたま市 見沼区 東大宮 の こども 造形 絵画教室 、「こども図工室FUNFUN」 です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

前回のブログレポートのEくんと同日、時間差で、3人兄弟の男の子たちが体験教室に来てくれました。

 

絵の具でお絵描きをしようかと考えていたのですが、Eくんの粘土に誘われて、三人とも粘土に突入!

二年生のお兄ちゃんYくんは思いっきりよくよくこねたので、かなりの伸びのよさ。ブルーを混ぜ赤を混ぜ、きれいな青紫。

f:id:atelierfunfun:20170501200743j:plain

 

しかしさらに色を混ぜて茶色になると、あちこちつまんで造形しはじめ、「カブトムシ!」と言ったかと思いきや、またまたあっというまに変形して「ワニ!ワニだ!」となりました。

ワニだから緑色にしたい!でも、また絵の具を混ぜるとなると形を壊さなければならなくなるので、じゃあ着色してみたら?と提案し、筆で表面を緑色に塗ることになりました。
f:id:atelierfunfun:20170430185634j:image

 

するとそれまで形にしようとはしていなかった年少の弟のCくんが、ボクも!ボクもワニがいい、色を塗りたい、ワニにして!と言います。お兄ちゃんの影響力は絶大です。

 

私がちょっとイイカゲンにこしらえたワニに、早速絵の具を塗り始めました。

f:id:atelierfunfun:20170501200936j:plain

 

お兄ちゃんは、ちょっと恐い感じにしたいから、目は赤にするんだ、と言って、針金をアクリル絵の具の赤で塗り、装着。

するとCくんも、赤い目がいいと言うので、こちらは赤いモールを切ってつけてあげました。

お腹の面も塗って乾かすために、またもやうちの息子が作ったワイヤー編みの台が活躍しています。
f:id:atelierfunfun:20170430185747j:image

 

年中で真ん中のSくんの方は、我が道を行きます。色を混ぜて薄赤茶色になったねんど玉を「りんごにする」と言って、黒いモールを刺しました。

葉っぱは見学して下さっていたおばあちゃまが作ってくれました。

しかしそれから、気がつくとこの林檎は、手につけた黒い絵の具で真っ黒に塗り潰されていました!

f:id:atelierfunfun:20170501201356j:plain

 

f:id:atelierfunfun:20170501201546j:plain

写真に納める間もなかったのですが、しかしこの黒は表面に着色しただけなので、

この後また、弟のCくんに練り直され、薄赤茶色に戻って行きます・・

 

お兄ちゃんの方は次はきれいな黄緑色で、またワニを作る!と言っていたような気がしましたが、出来上がってみると、コブラ

f:id:atelierfunfun:20170501202024j:plain

 

我が家の息子が針金で「VS」を作り、真ん中に置いて、「ワニvsコブラ」の出来上がり。

f:id:atelierfunfun:20170501201937j:plain

 

ちなみにこちらは我が家の息子の作品です。かたつむり、パソコン(マウスつき)は以前作ったものですが、みんながいつも絵の具を混ぜていても、全く色をつけずにマイペース。

この日作った、奥のニコニコマークだけはちょっとだけブルーのマーブルになっています。
f:id:atelierfunfun:20170501204434j:image


真ん中のSくんの方は、コブラで使われた黄緑色を手に塗り塗りして(でもなぜかあんまり塗っていない方の手を使って?!)、手形を作ったりしておりました。

f:id:atelierfunfun:20170501202506j:plain

 

幼稚園生の弟くんたち2人は、まだまだお兄ちゃんの集中時間と同じだけ集中していることは難しく、気が済んだ後は他のものに目移りしたり作ったものを壊してしまったりもありましたが、お兄ちゃんの作るものの影響力はほんとに大きくて、兄弟のおもしろさを実感させて頂きました。

 

小学生のお兄ちゃんは、同じく小学生の我が家の息子と、何をお喋りしているのかな〜と思えば「(キミの)お母さんはどうしてお家で図工教室を始めたの?」なんて質問したりしてる。気になったんでしょうね(笑)。

「なんて言ってた?」と聞いたら、「ある日のこと、お母さんが、図工教室をはじめよう、と思ったんだって。」と答えになっていないような答え(笑)。 

こういう楽しい作品をいっぱい見てみたいと思ったからだよ〜^^!

 

そんなわけで、これからも、こども図工室FUNFUNをよろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/ws

 

 

 さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com