読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こども図工室FUNFUN

こども図工室FUNFUNのニュース&ブログです。 http://ateliernk.wix.com/funfun

3月のアトリエレポート6〜未就園児親子クラス

こんにちは。さいたま市見沼区 東大宮 の 造形 絵画教室、「こども図工室FUNFUN」です。ブログにアクセス頂きありがとうございます。

 

未就園児クラス、最近はあまりやっていなかったのですが、先週、

体験クラスとして、3歳の女の子と1歳の弟くんが参加しにきてくれました。

 

未就園児クラスは、お子さんの生活リズムも考え、午前中にやっています。

午前は、窓の光もたくさん入って、いつもよりアトリエが明るく気持ちがいいです。

 

絵の具がブームというEちゃんに、先日の体験教室でもやったスキージでの絵の具遊びを用意しておりました。

 

Eちゃん、最初に黒の絵の具を絞り出し、ダンボールスキージでこすってみましたが、

すぐにスポンジ筆に移行して、今度は黄緑と、茶色を混ぜ始めました。

f:id:atelierfunfun:20170329191504j:plain

それから、ピンク、肌色、白・・と次々に色々な色にトライ。

3歳なのに、お話もしっかりしていて、手の力もあり、絵の具のチューブから絵の具を出すものちゃんと出来ます。

絵の具箱から何色を出すかも、いつも興味深く見ているのですが、Eちゃんはグリーン系がお好みのよう。それから、茶色や肌色!これを選ぶのは実は珍しいです。いつも残りがちな色なのです。なので、混ぜたらどんな色が出来てくるのか、私も興味津々!!絵の具って、原理として教わった通りの色に、実はあんまりなりませんからね〜。

f:id:atelierfunfun:20170329191625j:plain

なんだかイチゴチョコのような、はたまたハムのような・・おいしそうなものを連想する色になってきました。。

 

弟くんも、お姉ちゃんの真似をして、お母さんの膝の間で、一生懸命画用紙の上に跡をつけていきました。黒、それから青。水をたらしてみたり、そのまま広げてみたり。

1歳なのにこちらも力持ち、チューブの絵の具を出す事もできました!

f:id:atelierfunfun:20170329191822j:plain

 

まだ言葉が出ないのですが、「あっ、あっ」と言って自分の希望のものを指し示してくれます。あ〜うちの子もそうだった、この表情、この「あっ、あっ」が、大変なんだけどなんとも可愛らしく、懐かしいです(^^)

時々バケツで手を洗いながら、絵の具のチューブも洗いながら、飽きるまで続けていました。絵の具に飽きたら今度はクレヨンも使ってみました。

f:id:atelierfunfun:20170329192436j:plain

f:id:atelierfunfun:20170329192900j:plain

 

お姉ちゃんの方は、絵の具を広げずにどんどん盛り上げるように1カ所で混ぜて行くので、その盛り上がり感が、水彩絵の具ではもったいないような気がしてきて、この間の「液体ねんど」を出して、混ぜて盛り上がるようにしてみました。

この間は立体工作に使ったけど、今回はお絵描きのモデリング剤に使うのもいいかもしれない、そう思ったのですが・・

f:id:atelierfunfun:20170329191925j:plain

 

やっぱり、どうもこれ、「接着剤」を思わせるようです。

Eちゃん、最初にスキージ(へら)として出していたダンボールを、全部この絵の具の上に並べて、くっつけはじめました!

f:id:atelierfunfun:20170329192101j:plain

 

そうして出来たかたちが、なんだか、ロボットみたい、それともロケットみたい?

と言うと、じゃあ、ロボットにする。と言って、目と口を描き始めました。絵の具に飽き始めた弟くんが使っていたクレヨンを、お姉ちゃんもクレヨンを使い始め。

筆の代わりに歯ブラシも使ってみたりして、ロボットの周りにも色々描き足しました。

f:id:atelierfunfun:20170329192239j:plain

 

黒と青の中にオレンジが入った弟くんの絵を、お母さんが、「夜のまち、みたいだね」と言うと、「じゃあ、私のは、朝のまち。これが太陽で、これが雲」と、ロボットの周りにも描いたところを指差します。太陽がオレンジと緑の混色で、雲が赤。?!

めちゃくちゃなようだけれど、ロボットはすごくそれらしいし、自分が描いたものを、○○だよ、とお話してくれるなんて、3歳なのに、ほんとにしっかりしていて、お姉ちゃんです。

f:id:atelierfunfun:20170329192559j:plain

 

お姉ちゃんはまだまだやり続けたそうな雰囲気だったのですが、弟くんがやっぱり飽きてしまったので、今度は粘土を出してみました。粘土で、この絵の具の乾いてない色、吸い取ってごらん。そう言うと、どんどん色を混ぜて、どんどん柔らかくしていきます。

粘土は柔らかいものだけど、これだけ伸び良くこねるのは、やっぱり小さいのに力があるなあ、と感心します。

弟くんは、やらなかったけど、お姉ちゃんの粘土を興味深そうに見ていました(^^)

f:id:atelierfunfun:20170329192736j:plain

 

 そんな感じで、1時間半めいっぱい、楽しんでいってくれた、可愛らしい姉弟でした(^^)。小さいお子さんといると、ほんとになんでも新鮮に目に映ります。

 

また遊びにきてくれるのを楽しみにしております(^^)

 

これからも、こども図工室FUNFUNをよろしくお願い致します。

 

教室の体験のお申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)↓

http://ateliernk.wixsite.com/funfun/blank-cfvg

 

 さいたま市見沼区東大宮の造形絵画教室

MAIL:kodomo.funfun@gmail.com